fbpx

コラム

Scroll

2人暮らしの家賃相場を調査!家賃をおさえる方法や物件探しのポイントもご紹介

家賃のことを考えれば、部屋を行き来するよりも一緒に住んだほうが節約になることから、同棲を考えるカップルは多い傾向にあります。
同棲する際に気になる家賃相場は、どのくらいが適当なのでしょうか?
今回は、家賃の抑え方や2人暮らしにぴったりなお部屋の探し方もあわせてご紹介します。

2人暮らしの家賃目安は手取りの20%~25%

同棲する賃貸物件を探すときに、一番重要な要素は家賃ですよね。
結論からいえば、2人暮らしの家賃目安は、手取り給料の合計の20~25%が好ましいといわれています。
この月額家賃には、管理費や共益費といった固定費も含んで考えてください。
オートロックや宅配ボックス、ネット環境などさまざまな設備が整っていれば、その分管理費や共益費が高くなります。
また、駐車場などが必要な場合には、これも固定費として計上する必要があるでしょう。
これらすべてを含め賃料として考えることで、貯金をしつつも無理なく家賃を支払い続けることができることになります。
また、2人暮らしに適した家賃は、そのカップルの持つ事情によっても少々変わることがあります。
ご参考までに、以下の2パターンをご紹介しましょう。


家賃が手取りの25%以上でも大丈夫なカップル

・子どもを希望しないDINKsカップル
・在宅ワーカー、交際費をかけずに家で過ごしたい


家賃を手取りの25%以下におさえるべきカップル

・早めに子どもが欲しい
・世帯収入があまり多くない、どちらかだけがワーカーで1馬力のカップル
・人付き合いが好きで交際費や趣味にお金をかけたいカップル

2人暮らしの家賃をおさえる方法

2人暮らしでも自分たちのスタイルに合った家賃相場がわかったら、そこからさらに、家賃を節約するためにも以下の方法をお試しください。


会社の「住宅補助制度」を利用する

勤務先から「住宅手当」をもらっているという人は多く、相場は月額1万~2万円ほどとなっています。年間でも12万円以上の家賃節約となります。
勤務先の福利厚生で住宅手当がないか、総務担当者に訊いてみましょう。


「公的賃貸住宅制度」を利用する

勤務先に住宅手当の支給設定がない場合でも、特定優良賃貸住宅を選んで住むことで、家賃を抑えることが可能です。
国や市町村で物件数が決まっていますので、2人暮らしをすると決めたら、早めにチェックすることをおすすめします。


お互いが譲れない条件以外は妥協する

家賃の高さは、設備や駅への近さなど住環境のよさに比例します。
家賃をなるべく抑えたいのであれば、「これだけは叶えたい」という条件に優先順位を付け、新居に求める条件を消去法で減らしていきましょう。

物件探しにおいて家賃以外に注目すべきポイント

ずっと払い続けていく家賃を手取りの25%に抑えることができれば万々歳ですが、安ければどんな物件でもいいのかといえばそうではありません。
カップルが2人暮らしを快適に送るためのお部屋探しでは、以下の点もあわせて考えるようにしましょう。


ライフプランやライフスタイルにあわせた間取りを選ぶ

間取りは、ライフプランやライフスタイルに合わせたものを選ぶようにしましょう。
勤務シフトに夜勤が入っていたり、サービス業などで休日が平日になったりなど、カップルで睡眠時間や休日が違う場合は、お互いにプライベートな空間を持てるように2LDKの間取りが理想的です。
どちらか在宅勤務の場合も同様に、お互いがストレスを感じないようなスペースのある間取りをおすすめします。
犬や猫などの動物を飼う予定があるのであれば、玄関とリビングの間を隔てるドアがある間取りだと、ペットの脱走を防ぐことができます。


車OR電車どちらをよく使うか考えて物件を選ぶ

交通手段として車をメインに使う場合は、駐車場の有無だけでなく、一方通行や道の狭さなど周辺道路の様子を確認する必要があります。
電車をメインに使う場合は、やはり駅から近い物件がいいでしょう。


近くにコンビニやスーパー、薬局がある物件を選ぶ

車を所有していないカップルの場合、2人分の買い出しを考えると、コンビニやスーパー、ドラッグストアなどに近い方が何かと便利です。
コインランドリーをよく利用する場合は、近くにコインランドリーがあるかどうかもチェックしましょう。
ほかにも銀行など、自分に必要な施設が近くにあるか調べておくことで、生活の快適さが変わってきます。

2人暮らしをする前にルールを決めておこう

仲のいいカップルとはいえ、他人同士だった2人が一緒に暮らしていくわけですので、さまざま障害も出てくることでしょう。
深刻なトラブルを避けるためにも、同棲を始める前に2人で納得のいくルールを決めておくことが大切です。


家賃や生活費など、支払いに関するルール

光熱費や家賃など割り勘にするのか、もしくは分担するのかなど、手取り収入額をもとになるべく細かく決めておくと、あとで揉めずに済みます。
同棲カップルの場合には、生活費をうまく分担することで、2人で協力して結婚資金を貯めていけるといいですね。


料理や掃除など、家事に関するルール

共働きの場合には、お互いに疲れて帰ってきているのに、いつもどちらかだけが家事をしているというのは、不満が溜まるポイントです。
料理は得意な方が、もう一方はゴミ捨てや洗濯を担当するなど分担制や、曜日で当番制にするという手もあります。
その他、これから2人で生活していく上で大切なルールをしっかり確認しておきましょう。

まとめ

今回は2人暮らしの賃貸物件についてご紹介しましたが、ゆくゆくは結婚してマイホームの購入なんてことにもなるかもしれません。
若いうちから貯金に励んでおくと、住宅購入以外でもいざというときに困らないで済みますよね。注文住宅をお考えの際には、ぜひカーラ・マネジメントまでお気軽にご相談ください。
お問い合わせや資料請求はこちらから:

contact