fbpx

コラム

Scroll

新婚夫婦の家賃目安は収入の3割! 家賃を抑えるポイント・注意点などをご紹介


「新生活を賃貸住宅でスタートさせて、いつかはマイホームの購入を」とお考えの新婚夫婦も多いかと思います。二人で暮らし始める賃貸物件の家賃は、どのくらいが適当なのかわからないという方へ、新婚夫婦の家賃目安や、家賃を抑えるポイントなどを解説します。

新婚夫婦の家賃目安は収入の20~25%

家賃とは管理費・共益費を含めた賃料のことで、一般的に世帯収入(手取り)の3割以下が目安であり、できれば20%が理想だといえます。世帯収入が40万円で手取り額が32万円の場合は、家賃を9.6万円以下に抑えると安心です。また、新婚夫婦の生活プランやスタイルによっても、家賃相場は少々変わってきます。

家賃を低く抑えた方が良い新婚夫婦

・子どもを作る予定がある
・世帯収入が低い
・趣味や交際費、外食などにお金を使いたい

家賃が25%を超えても問題がない新婚夫婦

・子どもを作る予定がない
・ずっと共働きをしていく
・家で過ごす機会が多く、お金をあまり使わない

家賃をおさえる3つのポイント

将来のライフプランが変更となった時のことも考えると、なるべく家賃はさらに抑えておきたいところですね。新婚夫婦が賃貸住宅に住む際に、家賃価格設定だけでなく、利用できる補助制度などを含めた節約ポイントを3つご紹介します。

・会社の「住宅補助制度」を利用する

給与明細の欄で、「住宅手当」という項目があるか確認します。これは福利厚生の1つで、勤め先企業から従業員への住宅補助制度となっています。実家から新生活の賃貸住宅へ引っ越す場合には、会社へ申請してみましょう。相場は「1~2万円/月」ですので、あるのとないのでは初期費用だけでなく、これからの家賃負担がかなり変わってきます。

・「公的賃貸住宅制度」を利用する

勤め先から住宅手当が出ない場合は、「特定優良賃貸住宅(特優賃)」や「UR賃貸住宅」の対象となっている賃貸物件を選ぶことで、公的賃貸住宅制度を利用できます。
これらの物件は家賃補助が支給されるだけでなく、建物や設備のグレードが高かったり、駐車場を完備していたりすることが多いのが特徴です。入居の条件や詳しい内容は公式サイトでご確認を。中には申請の締め切りを設けているところもありますので、気になる方は早めにチェックしておくのがいいでしょう。

・譲れない条件以外では妥協することも大切

なるべくなら最初に選んだ物件に長く住みたいですよね。夫婦2人で住むとなると、お互いの要望も倍になります。家賃を抑えたい場合には、絶対に譲れない条件以外は妥協することも必要です。

新婚夫婦が家賃を決める際に気を付けたい点

新居探しで気を付けたいのは、結婚準備中は普段と違って心が浮足立っているのを自覚するということ。普段ならもっと冷静に考えられるものも、新婚生活が楽しみなために、以下のようなポイントを見逃してしまうことがありますので注意しましょう。

・ネットで検索した家賃相場を信用しすぎない

2人暮らしの家賃相場について、今はネットで検索すればすぐに調べることができますが、すべての人があてはまるわけではありません。居住地域によっては家賃に大きく差が出ますし、夫婦によって収入や受けられる補助制度も異なります。たくさんの情報があるなかでも、自分たちに合った家賃を見極めるようにしましょう。

・「予算より1万~2万円高いけど、大丈夫」は危険

ついつい不動産会社のおすすめに乗せられてしまいがちです。1ヶ月の家賃が予算よりも2万円高くなった場合、支払い額は1年で24万円、2年で48万円の違いを生むことに。それでも払っていけるのかどうか、冷静に考えてみましょう。予算よりも高い家賃の物件を選ぶのは危険です。

賃貸ではなく住宅を購入するという手段も

新婚生活をスタートさせる場所は、なにも賃貸物件でなくてはならないという理由はありません。住宅購入ははじめから無理だと思い、賃貸物件から住み始めようという夫婦も多いのは事実です。しかし、家賃を支払い続けても、その物件が自分のものになるわけではなく、資産にもなりません。
例えば、家賃8万円超の賃貸物件に住むとなると、1年間で支払う家賃は約100万円、そこにそのまま10年間住み続ければ、総額で1,000万円を支払っていることになります。1,000万円あれば購入できる住宅もありますし、購入した家は資産にもなります。総合的かつ長期的に考えれば、住宅を購入するほうが得になるという考え方もできるでしょう。

まとめ

月々の支出負担を減らすべく、家賃をなるべく抑えたい新婚夫婦の方々でも、若いうちの住宅購入を視野に入れておくことをおすすめします。
カーラ・マネジメントでは、予算内でご希望を叶えられるローコスト注文住宅など、さまざまなご相談を受け付けております。

下記より、お気軽にご連絡くださいませ!

contact